いつまでも綺麗に大切に乗りたいなら大阪でガラスコーティングを

CAR COATING LIFE!

今主流のガラスコーディングってなに?

青いスポーツカー

車のお手入れと言えば、昔は「ワックス」が主流でしたが、今主流となっているのは、「カーコーティング」です。車の艶を出すワックスは、ロウと石油溶剤でつくられているので、艶や光沢を出しますが、雨や洗車により溶けだし、残ったロウが、水垢の原因にってしまいます。また、その効果は一か月程です。
一方、注目の「カーコーティング」は、油を殆ど含まず、シリコーンやフッ素などのポリマーで出来ており、塗装面に着くときに化学反応を起こし、分子と分子をしっかり結合させ、強い皮膜を作りだします。この皮膜は、とても密度が高く、艶・光沢を出します。また、あらゆる物質をブロックして、塗装面を守ります。効果の持続性も長く、3か月~1年も長持ちするのです。
カーコーティングは、ガラスコーティングとポリマーコーディングの2種類があります。ポリマーコーディングは、スタンドでも今ではお馴染みで、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。強い皮膜は、細かい傷を埋めて、艶を出します。施工時間も短く、料金も手軽です。ワックスより長持ちしますが、定期的なお手入れが必要になります。
一方、ガラスコーティングは、劣化しにくく、強い撥水性があります。施工時間も2日程掛かり、料金も高額になりますが、効果は3年程。とても長持ちするので、今ガラスコーティングは注目されているお手入れ方法です。